Q&A


お申し込みに関して
Q1:申し込みから面接までにどのくらい日数がかかりますか。
Q2:面接の申し込みをしたらすぐにお金を払うのですか。
体験授業に関して
Q3:うちの子は家庭教師に向いていますか。
Q4:体験授業の際に確認しておくべきことは何ですか。
Q5:何人までの家庭教師の体験授業を受けることができますか。
Q6:体験授業の際の交通費はどうすればよいですか。
Q7:体験授業の結果はいつまでに出さなければなりませんか。
Q8:体験授業の結果や第1回指導日は家庭教師に直接伝えればいいのですか。
Q9:体験授業を受けたがその先生を採用しない場合、費用はかかりますか。
授業開始後に関して
Q10:授業料はどのようにして払えばよいですか。
Q11:指導を中止したい、先生を交代してほしい、相性があわないときは。
Q12:週1回の指導で効果が上がるんでしょうか。
Q13:弟や妹にも家庭教師をつけたい場合は、再度入会金は必要ですか。
Q14:テキストはどうしたらいいですか。
Q15:夕食・心づけ・ご祝儀は必要ですか。

 

お申し込みに関して

1 申し込みから面接までにどのくらい日数がかかりますか。

1 最短で1日で決まる場合から、1週間以上かかる場合まで事情によりさまざまです。そのため、申し込みから面接までに数日から1週間前後ほどのお時間をいただいております。

2 面接の申し込みをしたらすぐにお金を払うのですか。

2 費用はすべて後払いです(体験授業時の交通費だけは当日に先生にお支払いください)。体験授業後に家庭教師が決定しましたら、入会金については第1回授業日までのお振込みをお願いしております。また、授業料は指導月の翌月のご請求となります。

体験授業に関して

3 うちの子は家庭教師に向いていますか。

3 活発で社交的なお子さんは家庭教師を敬遠することが多いようです。そのような場合、中学3年生となれば集団塾に向いているかどうかを真剣に検討する必要があります(大手進学塾の利用法)。気の合う先生と巡り合って、案外すんなり学習に打ち込むことができるようになるケースも多く見受けられます。

4 体験授業の際に確認しておくべきことは何ですか。

4 次の諸点をご確認ください。
(1) 家庭教師経歴書(体験授業の際に家庭教師が持参するもの)
(2) 1往復の交通費
(3) 指導曜日、指導時間、指導教科
(4) 授業延長した場合の取り扱い(「30分毎に授業料が発生する」など)
(5) 家庭教師の緊急連絡先
(6) 家庭教師の長期休暇・帰省の予定

5 何人までの家庭教師の体験授業を受けることができますか。

5  家庭教師にご納得いただけない場合は、速やかに無料で何回でも他の教師の体験授業を受けることができます。

6 体験授業の際の交通費はどうすればよいですか。

6  家庭教師の先生に直接お支払いください。

7 体験授業の結果はいつまでに出さなければなりませんか。

7  体験授業終了後、高校受験・大学受験ドクターからご家庭に対して体験授業のご感想をお伺いいたします。体験授業当日にその家庭教師に依頼するかどうかを決めかねる場合は、その旨をお伝えください。体験授業日の翌日から2日以内を目途に結果をお決めいただければ結構です。

8 体験授業の結果や第1回指導日は家庭教師に直接伝えればいいのですか。

8  面接の結果のご連絡は、家庭教師の先生でも高校受験・大学受験ドクターでもどちらでも構いません。また、体験授業後に家庭教師の先生と第1回授業日を決めていただきますとスムースに授業を開始することができます。

9 体験授業を受けたがその先生を採用しない場合、費用はかかりますか。

9  家庭教師にご納得いただけない場合、体験授業当日の先生の交通費以外の費用は一切かかりません。速やかに無料で何回でも体験授業を受けることができますので、遠慮なくお申し付けください。

授業開始後に関して

10 授業料はどのようにして払えばよいですか。

10 毎月の指導料金は、指導の翌月5日に請求書を郵送させていただきます。翌月15日までにお振込みください。例えば、4月の途中に指導開始の場合、4月指導分を翌5月5日頃に郵送にて請求書をお送りいたします。5月15日までにお振込みください。
 また、毎月のお支払い金額は[1時間の単価(コースにより異なる)×時間数](税込)となっております。

11 指導を中止したい、先生を交代してほしい、相性があわない、といった事情が生じたときはどうすればよいですか。

11 高校受験・大学受験ドクターにお気軽にご相談ください。また、高校受験・大学受験ドクターでは家庭教師評価制度が用意されておりますのでご活用ください(家庭教師評価制度)。高校受験・大学受験ドクターがご家庭と家庭教師の間に立って、円満で効果的な解決法をご提案いたします。

12 週1回の指導で効果が上がるんでしょうか。

12 受験直前期でないならばあまりあわてる必要はありません。指導開始後に家庭教師と相談して指導回数を増やすことは自由です。

13 弟や妹にも家庭教師をつけたい場合は、再度入会金は必要ですか。

13 生徒本人の兄弟姉妹が受験ドクターに入会する場合はもちろん、生徒本人が退会や休会したあとに、再度指導を受ける場合も入会金は必要ありません。

14 テキストはどうしたらいいですか。

14 体験授業の際に家庭教師の先生に手持ちの教材をみてもらい、何を使うべきかを相談してください(指導教材を選んでもらいましょう)。

15 夕食・心づけ・ご祝儀は必要ですか。

15 原則として一切不要です。どうしても先生に受け取ってもらいたい場合には、体験授業時ないし第1回授業日に先生と取り決めをしておくとよいでしょう。

 


家庭教師の高校受験・大学受験ドクター
TEL 03−5304−8761
FAX 03-5304-8227

 

 

ページのトップへ 資料請求・お問い合わせ