高校受験で失敗しないための問診表


1. 高校受験対策を始めるタイミング
2. 問診表にチャレンジ
3. 問診後の注意点(1)
〜本当の問題点をみつめよう
4. 問診後の注意点(2)
〜宿題や復習を絶対にやりましょう
5. 〈コラム〉入試問題はあなたをつぶさに観察しています
6. 家庭教師の先生と約束しなければならないこと

 

 第2に、宿題や復習を絶対にやりましょう。「当然じゃん」と思うかもしれないけれど、宿題や復習を忘れることが多いという人や宿題や復習で手抜きをする人がかなりいるんです。なぜ復習や宿題が重要かを考えたことはありますか。もちろん練習のためですよね。でももっと重要なのは、家庭教師の先生はみなさんがやった宿題を見て次の指導方針を立てるということなんです。ですから、みなさんが宿題をやっていないと、前回と同じ内容をやらなければならなかったり、授業が盛り上がらなくなったりして、結局はお金(授業料)をドブに捨てるような結果になってしまいます。みなさんは千円札をドブに捨てたことがありますか、絶対にそんなことはしませんよね。宿題や復習はお金と同じだと思う心構えが絶対に必要です。

 学校や塾でも、宿題をやらない人は“お金を運ぶお客さん”になってしまいます。よく、「宿題忘れちゃった」とか「部活が忙しくて」なんて言い訳している人がいます。でも言い訳は絶対ダメ。先生に見放されてしまいますし、言い訳ばかり考えている人はどのようにすれば宿題ができるかを考えないからです。また、言い訳ばかりをした挙げ句に試験でさんざんな成績をとった人は、「やっぱり自分はだめなんだ」とすぐに挫折してしまうんです。能力にも時間にも限界があるんですから、余計なことを考えているヒマはありません。宿題は絶対にやる、どうしてもできなかったときはなぜそうなったのかを真剣に考える、この心構えが本当に重要なんです。

 試験は高校受験だけでなく、さまざまな資格試験や技能をみる検定試験など、みなさんの生活に役立つ試験が山のようにあります。「勉強し続けることが実りある人生をつかむ唯一の保険だ」ともいわれます。復習や宿題をやればもっと勉強したくなったり、授業中の集中力も高まりますから、勉強し続けることができるんです。そうすれば入りたい学校、やりたい仕事、あこがれている夢にグッと近づいていけるはずです。

前のページへ  次のページへ  ページのトップへ 資料請求・お問い合わせ